ticket icon

チケットを購入しよう!

ご来店希望日は?

Mariano Lozano (Madrid)

バイラオール

動画を見る

バイオグラフィー

1988年9月25日、マリアーノはジプシーの家庭に生まれた。

セビーリャで育った彼の音楽への関心は非常に高く、日々発展しています。彼の一族には、マリ・ビサラーガ、アルトゥーロ・デ・キラーテ、エル・ボボテス、ラ・ターナなど、偉大な音楽家やフラメンコ芸術のエキスパートが名を連ねています。

フラメンコ界ではカルメン・アマヤの姪でウィニー・アマヤとして知られるメルセデス・アマヤのもとでプロとしてのキャリアをスタートさせた。彼女と一緒に、彼は最初のダンスのステップを踏み、ジプシーダンスの伝統に没頭した。その後、マドリッドの名門フラメンコ学校「アモール・デ・ディオス」で芸術的なトレーニングを続け、クリストバル・レイエス、マヌエル・レイエス、アルフォンソ・ロサ、ホセ・マヤなど、当時の最高の教師たちから指導を受ける。

カサ・パタス、エル・コラル・デ・ラ・パチェカ、エル・コラル・デ・ラ・モレリア、そしてもちろんカルダモモなど、首都圏の様々なタブラオで演奏してきた。

タブラオでの経験を経て、ダンサーとしてのキャリアを固めていく。やがて、自身の番組「Mi sentir」の出演オファーがあった。このプロジェクトは一般の人々にも大変好評で、メキシコのさまざまな都市を回る機会を得ることができました。

マドリッド・バレエ団では、「カルメン」のメインソリストを務め、中国での大規模なツアーにも参加した。

ドイツ、モロッコ、フランス、トルコなど世界各国を訪れ、フラメンコ教室を開いている。

マリアーノは、2019年にチャンピオンのCMに出演しました。

現在、新しい個展を準備中で、フラメンコアートの専門家によると、期待されている。リハーサルやステージングと、カルダモモなどの公演を時折組み合わせている。

アーティスト

×
buy tickets
チケットを購入しよう!